笑顔の女性
  • ホーム
  • ピルの効果と服用方法について

ピルの効果と服用方法について

薬を飲む女性

ピルは経口避妊薬の通称のことで、計画的に服用することによって、妊娠をすることを防ぐという効果が期待できます。
ピルには女性ホルモンである黄体ホルモンと卵胞ホルモンというふたつのホルモンのかわりをするような化学物質が含まれていますので、これを服用すると、擬似的に妊娠したのと同じような状態になり、排卵や着床がなくなります。
このため、服用によりホルモンの濃度が一定に保たれている限りにおいて、妊娠を防止することになるのです。
そのほかにも、ピルによってホルモンの濃度が安定することで、ストレスにより生理の周期が不安定などといった、生理不順の問題を緩和することもできます。
同様に、月経前症候群や月経困難症といった、生理にともなって起こるさまざまな身体的な不具合も解消されるといった効果もありますので、本来の目的である避妊のほかにも、さまざまな用途で使われることがあるのです。

避妊の目的でピルを服用する場合の方法ですが、基本的には生理周期のはじまりのときから、毎日1回、1錠ずつを、できるだけ決まった時間帯に服用するというのを続けます。
ピルには一般に28錠入りのシートと、それよりも少なくなった21錠入り程度のシートの異なる種類がありますので、服用の方法についても若干異なります。
28錠入りのほうについては、毎日服用し続ければそれでよいのですが、21錠入りのものについては、21錠を飲み終えたあと、残りの7日間程度は服用をしないでおき、その日数を過ぎてから新しいシートに切り替えて、また同じように21錠を毎日続けて服用するようにします。
21錠入りのほうが当然経済的ではありますが、飲み忘れをしやすいということもあり、28錠入りにも一定の需要があります。

サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ