笑顔の女性
  • ホーム
  • ピルと生理サイクルについて

ピルと生理サイクルについて

微笑んでいる女性

ピルは単に避妊薬として用いられるだけでは無く、乱れた生理周期を整えたり生理痛を改善するなどの効果もあります。
ピルは黄体ホルモンと卵胞ホルモンの二種類の女性ホルモンが含まれていて、この二つのホルモンの作用によって性リサイクルを調整する効果があります。
ただ、ホルモンの量が多いと副作用も強く表れる傾向があるために、一般的に用いられるピルというのは低用量ピルの事を示しており、卵胞ホルモンの含有量が50マイクログラム未満で少なめに調整されています。
ピルはこの二つの女性ホルモンが含まれていて、服用する事によって血中のホルモン濃度が上昇します。
そうなると脳が女性ホルモンが分泌されているものと認識する事で排卵を抑制する効果があり、避妊効果や生理不順の改善などの効果があります。

ピルを服用する時には生理サイクルに合わせて21日分、あるいは偽薬を1週間分含んだ28日分が基本となり、それを毎日決まった時間に服用する事によってホルモンバランスを整えます。
21日服用を続けて7日休むか効果が無い偽薬を飲んでいると、上手く調整できていればその間に消退出血が起こるように調整されるはずです。
ピルを服用する事で妊娠したいという時に影響があるのではないかと心配する人もいますが、ピルは服用するのを止めれば直ぐに元の通りに妊娠できるようになります。
これは注意しなければならない事でもあり、短時間の薬の飲み忘れならばカバーが可能ですが、薬を飲み忘れて時間が経ち過ぎてしまうと服用中の間でも妊娠してしまう可能性が出てくるので気をつけなくてはならないです。
日本ではまだまだ一般的では無いですが、上手く利用すれば避妊以外にも生理日の調整などにも役立つので、女性であればきちんとした知識を身につけておいた方が役立ちます。

サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ